不登校 原因と対策百科

不登校の要因

不登校とは?

「不登校」とは文字通り通り学校に登校していない状態のことを言います。「欠席」が一日単位の休みであることに対して、この「不登校」は病気以外の長期欠席(年間30日以上)のことを言います。

そしてその理由として、学校生活の変化と影響、いじめ、非行、無気力、精神疾患、及びそれらが組み合わさったものなどが挙げられます。つまりこれらは、本人の社会性が非常に薄い状態で学校に通うことになってしまったことが大きな要因であると考えられます。そもそも社会性とはどこで身につけるものなのでしょうか。

社会という大きな枠の中に学校があります。そしてそのまた枠の中に家庭があります。つまり社会性とは、まず最初に家庭において身につける訓練を受けなければならないものなのです。そして小学校、中学校、高校と進んでいくことで少しずつ社会性を増していくのです。しかし、学校に通わなければ社会性を養うことはできなくなります。

家庭という小さな枠のそのまた小さな個人をいう極々狭い枠の中だけしか生きられなくなるのです。どうしてこのようなことになってしまうのか、それは、小さな社会「家庭」の段階で、基礎となる社会性を身につけることができなかったことが大きな原因なのです。

不登校には大きく分けて3種類のタイプがあります。学校に行きたいのに行くことのできない「神経症タイプ」。学校そのものに行きたくない「怠けタイプ」。生きる気力そのものがない「無気力タイプ」。これらそれぞれのタイプに応じた対応や対策を考えていくことが重要となります。

Copyright (C) 不登校 原因と対策百科 All Rights Reserved