不登校 原因と対策百科

不登校の要因

学校生活

学校生活では常に協調性が要求されます。クラスメイトとの輪を崩さず、何事もやり過ぎない、やらなさ過ぎない、そして皆同じくらいのレベルを保ちながら生活することが要求されます。

学校生活が要因となる不登校の特徴として、「急に不登校になる」というものがあります。いやがらせやいじめを受けたり、友達や教師とのトラブルであったり、転校による不適合感など、学校生活を行なう上での問題が原因となって登校できなくなります。

登校しようとする意思はあるものの、これらのトラブルを一人で解決できないため登校することができないのです。また、ストレスが蓄積されることで頭痛や腹痛などの体調不良を訴えることもあります。この場合初期段階での対応が非常に重要となります。すぐに事情を調べて解決への対策を講じなければなりません。

長引いてしまうとその間に子供と親、教師の間に誤解が生じて問題がこじれてしまう場合もあるので注意しなければなりません。いじめが原因の場合、子供の方から訴えを起こすことは非常に稀なケースであり、そのため親は子供のわずかな変化でも敏感に感じ取るようにしなければなりません。

そして様子がおかしいと感じたらすぐに本人と話し合いましょう。また、子供が何かを訴えてきた場合はじっくりと話を聞くことが重要です。この場合、仲の良い友達や学校側からも本人についての情報を集めることが必要です。そして学校側に家庭での様子を伝えて互いに相談し合い、トラブルの調整と解決を図り、本人を安心させるように努めなければなりません。

Copyright (C) 不登校 原因と対策百科 All Rights Reserved