不登校 原因と対策百科

不登校の早期解決

見守らない

新学期を一つのきっかけとして学校に来ることができるようになる子もいれば、機会を逃して不登校を続けてしまう子もいます。また、学年が上がった新学期などはクラス替えなどにより友達の顔ぶれも変わります。

仲の良かった友達とクラスが分かれてしまうこともあります。担任の先生も新しくなります。このような新しい環境に馴染むことができずに不登校になってしまう子も少なくありません。実際のところカウンセリングに相談をよせる件数が一番多いのは5月の半ば頃だそうです。

学年が変わった新学期には様々な出来事が起こります。とりわけ今まで不登校の兆候などなく、元気に学校に通っていた子供がいきなり学校を休み始め不登校になったりすると、その親のショックは想像を超えるものだと思います。世の中には不登校の対策として色々な本が出ています。

インターネットにも不登校に関するサイトがたくさんあります。その中でよく「焦らず、温かく見守りましょう」という言葉を見かけます。確かに無理をしてはいけないということは正しい策であるようにも思えますが、不登校の早期対策としては、これは当てはまりません。

一部の例外を除いて、長引くほどにいろいろな問題が生じて、対応が困難になってしまうのです。不登校になった子供を恐る恐る扱う親がいます。本人も休み始めは精神状態が落ち着かず、かなりイライラして人を寄せ付けない雰囲気を作り出しています。しかし、家族が遠慮して会話をしなくなったりすると、さらに本人との間に距離が生まれ、解決の見とおしすらたたなくなってしまうのです。

Copyright (C) 不登校 原因と対策百科 All Rights Reserved