不登校 原因と対策百科

不登校となる子供の特徴

分離不安

小学校低学年に比較的多く見られる不登校の原因に「分離不安」があります。母親から離れることに強い不安感を持ち、そのために学校へ通うことができなくなるのです。学校では母親が側にいると分かると元気に過ごすことができるのに、いなくなると不安感を募らせます。

不安感が強くなるに従い、母親の愛情や関心を自分に向かせるために、赤ちゃん返りなどの退行現象が現れるようになります。この分離不安が起こりやすいケースとして、親の過保護が挙げられます。

母親にとって子供がすべてとなっている場合はさらに注意が必要です。また、母親が子供に対してあまり愛情を持っていないという場合にも現れます。子供がそれを察して母親の愛情をなんとか得ようとして行動を起こすことがあるのです。

このように何らかの原因が考えられる場合に無理に登校させると、後々影響が出てくる恐れがあるので注意が必要です。子供は親の心理を敏感に感じ取ります。親が子供を疎ましく思っていたり、親が過度の期待を抱いていたりなど、無意識のうちに子供に伝わってしまいます。このような考えは子供の心に傷を残すことになります。

分離不安を持つ子供の不登校対策としては、学校側と連携を取りながら、放課後の登校や保健室登校、母親と一緒の登校など、柔軟な対応が必要です。子供が母親と一緒に登校したがったり、教室で過ごしたがったりする場合、無理に引き離して不安にさせないよう、本人の気持ちを確認しながら少しずつ距離を取っていくようにしましょう。

Copyright (C) 不登校 原因と対策百科 All Rights Reserved