不登校 原因と対策百科

不登校となる子供の特徴

依存と甘え

幼少時期から過保護で甘やかされて育っている子供は、精神面が未熟で社会性に欠け、我慢をするという気持ちが育成されていない傾向にあります。社会的、情緒的にも未熟であるため、集団の中での適応能力が低く、また、逃避的傾向が強く現れます。

他人と強調しての規則正しい学校生活を送ることを苦手とします。自己主張が苦手な割にはプライドが高いというのが特徴でもあります。不登校の傾向として、身体的な不調を訴えて断続的に休むようになります。また、決まった曜日に休むようになったりします。

前日は登校する意思を見せますが、当日朝になるとまた調子が悪くなったりして起きることができなくなります。登校時間が過ぎると元気になり、テレビを見たり、ゲームをしたりして過ごします。登校を呼びかけることで学校に行くこともありますが、長続きはしません。

一時的に落ち込むこともあるようですが、深く悩む様子は見られません。日中の遊びは避けますが、夜になると近所に買い物に出かけたりすることもあります。不登校の原因として友達関係のトラブルが発端となることが多く、保護者や教師の継続した援助や指導が必要になります。

子供の興味や関心を尊重し、良さとして認め、高めることができるよう配慮するようにしましょう。慢性的ともいえるので、めざましい改善を期待するのではなく、じっくりと本人が成長していくのを援助し、保護者と教師が互いに相談や助言を積み重ねていくことが必要です。

Copyright (C) 不登校 原因と対策百科 All Rights Reserved