不登校 原因と対策百科

不登校の原因

心身症による不登校

心と身体は密接に結びついています。そして互いに影響を与え合っています。心身症タイプの子供には気持ちの優しい子が多く、どうしても相手のペースに合わせがちになってしまいます。いつも相手中心に物事を考えるようになってしまうのです。

このようなタイプの子供は相手が嫌がりそうなことは決して口にしません。また、不安や悩み事なども言いたいことが言えず、それらの感情が溜りに溜って許容範囲を超えてしまった場合、ストレスとなって蓄積されていき、心身に影響を及ぼすことになるのです。

つまり心身症とは、心のストレスが身体の変調となって現れてしまうことです。このタイプの特徴として自分らしさが分からなくなるということが挙げられます。たとえば、周囲から見ると非常にゆっくりのテンポで行なわれていることが、本人にはその自覚が全く無いということです。

そういった子供は自分自身で焦っても、人から急かされても行動がぎこちなくなってしまいます。それを自覚せずに行動すると、自律神経や身体のバランスを崩してしまうことになり、頭痛、腹痛、下痢などの身体に変調をきたしてしまうのです。

これは友達づきあいにおいてもよく見られます。いつもは友達と楽しそうに話をしており、ひとりぼっちになったりすることはほとんど無く、いつも誰かと一緒に行動を共にしています。親や教師側から見ると、こういった子供は全く問題がないように映ります。ここに重要な問題が潜んでいるのです。

Copyright (C) 不登校 原因と対策百科 All Rights Reserved