不登校 原因と対策百科

不登校の要因

夏休みの非行対策

非行に走る子供の特徴として、プレッシャーに弱く、小心者で寂しがり屋ということが挙げられます。その割に親や教師に対しては強がって見せます。寂しがり屋の子供にとって、学校生活から解放されて時間が自由になる夏休みは要注意です。

学校に行く必要も無く、夢中になっているものもまったく無い、家では親にうるさく言われる、こうなると現実逃避に否が応でも拍車がかかります。これらの特徴を持つ子供の弱点として、行き詰まった時や悩みを抱えている時に強がってしまうことがあります。

また、非行に走りやすい子は義理や人情に厚い傾向が多く見られます。一度何かで世話になったり、助けてもらったりして不良仲間に入ってしまうと、そう簡単には抜けられなくなるのです。こうなってしまうと対応も非常に骨の折れるものとなってしまうので、早期の対策が必要です。

夏休みに非行に走らせないための対策として、日頃からの親子の会話と子供の観察が非常に重要となります。反抗期は成長期でもあり、自立に向かう時期でもあります。親の干渉を嫌い、話し合いにも応じようとしません。

しかし、何かにつまずいて自分で解決する方法を見つけることができなかった場合、親の助けが必要となります。子供は思春期のため素直に相談したりできません。ここで親の工夫が大事です。何気ない日常の会話から増やしていきましょう。子供のことを理解する努力をしてみましょう。そうすることで子供の態度や口数に必ず変化が現れるはずです。

Copyright (C) 不登校 原因と対策百科 All Rights Reserved