不登校 原因と対策百科

不登校の原因は?

何故、不登校になるの?

不登校とは、「何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因や背景により、登校しない、あるいはしたくてもできない状況にあるため、年間30日以上欠席したもののうち、病気や経済的理由による者を除いたもの」と文部科学省はこのように定義しています。

不登校児堂生徒の総数は1975年を境に増加の一途をたどり、2001年にピークをむかえてから現在に至るまで事実上の横ばい状態が続いています。不登校児童生徒の占める割合は、中学生が最も多く、その次に高校生、そして小学生の順になっています。

しかし、今では一番少ないはずの不登校小学生ですらその数が2万人を超えるようになり、いっこうに減少する気配は見られません。以前はいじめが原因で不登校になるケースが一番多かったのですが、最近では原因も多様化し、無気力や心身的症状などの精神疾患などが原因であることもめずらしくなくなりました。

不登校の問題や対策を考える際には、このような多様な要因も含めて、総合的に対策を講じていく必要があります。実のところ、子供が不登校の兆候を見せた時の対応が一番重要であると言えます。

この対応が成功するか、失敗するかによって、学校へ行くのが一時的に嫌になっただけですぐに復帰できるのか、それとも、長期的な不登校またはひきこもりとなってしまうのか、の最大の分かれ道となるのです。

対応を成功へと導くためには、不登校児童生徒と保護者そして教職員が一緒になって改善の方向性について考えていくことが必要です。今できること、やらなければならないことを一緒に考えていくことが非常に重要となるのです。

不登校児童生徒を持つ保護者の方は、どの情報を選択することが良い結果をもたらすことになるのか悩まれていることかと思います。このサイトでは不登校に関する様々な情報を整理して、不登校の原因とその対応策のヒントとなるものを提供することによって、より良い対応や対策に繋がるものと考えて運営しております。

Copyright (C) 不登校 原因と対策百科 All Rights Reserved